小さいイカについて

小さいイカは、ホタルイカかとお問い合わせいただきますが違います。
ホタルイカは熊野灘ではとれません。
スルメイカやアカイカ、ヤリイカなどの小さなサイズをさしています。

ホタルイカは、旋尾線虫(せんびせんちゅう)という寄生虫が寄生している可能性があり、適切な予防処置が必要です。
ホタルイカは、沸騰したお湯で30秒以上もしくは中心温度で60℃以上の加熱処理をして食べます。
一般的な冷凍庫のレベルでは、冷凍で感染予防はできません。生食にも不向きです。
弊社は、冷凍で感染予防できるイカで商品をつくっています。